Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Hakuhodo DY MapHakuhodo DY Map

Hakuhodo DY MapHakuhodo DY Map

第43回トロント国際映画祭【ミッドナイト・マッドネス部門】観客賞受賞!『燃えよスーリヤ!!』12月27日(金)公開!! NEWS2019.09.25

『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard Ko Dard Nahi Hota』(原題)が『燃えよスーリヤ!!』の邦題にて12月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開することが決定致しました!(※主人公の名前スーリヤはインド神話における太陽神スーリヤから来ており、太陽を意味します。)
2018年度、アカデミー賞作品賞に輝いた『グリーンブック』が観客賞を受賞した第43回トロント国際映画祭。時同じくしてユニークでパワフルな作品が集められ、夜中に上映される<ミッドナイト・マッドネス部門>にて『燃えよスーリヤ!!』が観客賞を受賞。映画ファンたちが熱狂したインド映画が、遂に日本に上陸します!!

主人公スーリヤは何の変哲もない青年。ただし、彼はどんな痛みも感じないという特別な体質の持ち主。幼い頃に祖父から渡されたカンフー映画に衝撃を受けて以降、街の悪党を倒すことを目標として独自にカンフーの特訓を積んできた。ある日、スーリヤは離ればなれになっていた幼馴染が街を牛耳る悪の組織に狙われていることを知り、カンフーと痛み知らずの身体を武器に悪の組織との全面戦争を決意する―。

監督は『めぐり逢わせのお弁当』の製作に携わり、本作で長編監督2本目となるヴァーサン・バーラー。主人公スーリヤを演じるのは本作で銀幕デビューとなるアビマニュ・ダサーニー。『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、世界がシビれた全く新しいスーパーヒーローが日本のスクリーンを席巻します!

さらにこの度、予告編映像とポスタービジュアルが解禁!
ポスターは漫画さながらコマ割りの構図。主人公スーリヤがブルース・リーをオマージュしたカンフースタイルのポーズをキメ、ヒロインのスプリ、スーリヤが憧れる空手マンのマニ、悪の組織のボスであるジミー、スーリヤにアクションをたたき込む強烈な祖父ら個性溢れるキャラクターたちの悪の組織に立ち向かう意気込みが溢れ出しています。
予告編のナレーションを担当するのはカンフー界のヒーロー、ジャッキー・チェンの吹き替えを長年務める石丸博也さんです。

この予告編映像とポスター、チラシは、今週27日(金)より上映劇場にて順次お披露目。ご期待ください!