Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Hakuhodo DY MapHakuhodo DY Map

Hakuhodo DY MapHakuhodo DY Map

「やっぱり契約破棄していいですか!?」本日公開! NEWS2019.08.30

<クビ寸前の殺し屋> VS <死にたい小説家>、最後に笑うのはどっちだ!?
Wシチュエーション痛快エンターテインメント「やっぱり契約破棄していいですか!?」が、本日8月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開いたします。

青年ウィリアムは、小説家を目指すも全く芽が出ず、人生に絶望し7回も自殺を試みたがいずれも失敗。一方、長年殺し屋としてキャリアを積んできたレスリーは、英国暗殺者組合の毎月の暗殺件数のノルマを達成できず引退に追い込まれていた。ある日二人は出会い“死にたい小説家”ウィリアムは、“クビ寸前の殺し屋”レスリーに一週間以内に殺してもらう“契約”を結ぶ。これにて一件落着!と思いきや、ウィリアムの前にキュートな彼女が現れ急展開!「やっぱり死にたくない!」「絶対、殺さなきゃ!」“契約破棄”から始まった“人生を懸けた一週間”の追走劇が始まる――。

人生に絶望した青年ウィリアムを演じるのは、『ダンケルク』に出演し注目を集める英国俳優アナイリン・バーナード。自殺しても死にきれない不運な青年を“愛すべき陰キャラ”を好演。クビ寸前の殺し屋レスリーには、『フル・モンティ』で英国アカデミー賞を受賞し、米アカデミー賞®ノミネート経験を持つカメレオン俳優トム・ウィルキンソン。殺し屋でありながらも思わず共感してしまう“愛すべきおっさん”を、ユーモアを交え演じています。そして、出版社で働きウィリアムに希望をもたらすことになるエリーは、『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』出演のフレイア・メイヴァー。
シリアスな展開ながらも温かみのあるキャラクターによって、一度きりの人生を生き抜くためのヒントが詰まった痛快ブラックコメディが誕生しました!

ぜひ、劇場でご覧ください!