株式会社博報堂DYミュージック&ピクチャーズ

ご 挨 拶

当社は、2015年10月1日をもって「株式会社 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ」として営業を開始いたしました。

株式会社 博報堂DYメディアパートナーズが保有する映画・アニメ等の映像制作、アーティストプロデュースなどのエンタテインメントビジネスの機能と、株式会社ショウゲートが保有する映画・アニメ等の劇場配給、広告宣伝機能を統合した新しい会社として新たな一歩を踏み出します。

スマートデバイスの飛躍的な普及に代表されるメディア環境の変化は、映画・アニメ・音楽などのコンテンツと生活者の距離感に変化をもたらしています。
インターネットでダウンロードした映画や音楽を、通勤・通学電車で楽しむ。
深夜アニメを観ながら、SNSで友人と感想をシェアする。
アーティストはテレビや客席の向こう側の存在から、リアルに触れあえる存在に。
エンタテインメントコンテンツは、これまでよりもっと生活者のそばに寄り添い、より深く、海を越えて世界中に広がっていく時代になりました。

博報堂DYミュージック&ピクチャーズは、専門性を凝縮したコンパクトな体制を基点に、デジタル時代のコンテンツ制作・プロデュースビジネスに取り組み、世の中に、新しく良質なコンテンツ・コミュニケーションの機会を提供して参ります。

(コーポレートロゴについて)
社名のmusic and picturesの頭文字を使用したロゴは、我々がコンテンツ・コミュニケーションの企画に深くコミットし、コンテンツをヒットに導くMaP(地図)を描いていく、という思いを込めています。

作品・プロジェクト情報はこちら